システムLSI研究センターとは
九州大学システムLSI研究センターは,高度情報化社会の基盤技術としてのシステムLSI技術を総合的に研究し,その学問体系の確立と社会の中でのこの技術の利用の方向を明確化することで,人類文明の発展に貢献することを目指しています.システムLSIは,今や、私たちの日常生活に欠かせない道具です。技術の進歩によって、小さなチップ自体がひとつのコンピュータの役割を果たすことができるようになり、パソコンだけでなく、携帯電話やパソコンなどの情報通信機器,デジタルカメラやデジタルテレビなどの情報家電,自動車の車載システムなどに広く利用されています.システムLSIは,21世紀の社会の設計に欠かせない技術であり,その機能,性能,品質,信頼性,安全性などは社会生活の質や安定性に大きく影響します.本センターは,新しいシステムLSI技術,特にその設計技術の方向性を明確にし,21世紀の社会のデザインに要素技術の側面から指針を与えることを目的とした研究施設です.
  システムLSI技術は,機械・自動車・建築・土木・経済・行政・医学など種々の分野に応用される技術であり,自動運転システム,知的社会基盤システム,電子マネーシステム,電子投票システム,個人認証システム,医療応用,通信システムなど幅広い展開が期待されています.センターは,システムLSIの設計技術体系を確立する設計技術研究部門,高い信頼性と安全性を持ったシステムLSIを開発するための要素技術を研究する高信頼化技術設計部門,システムLSIの機能の大半を占めるソフトウェア部分の開発技術を研究するソフトウェア技術研究部門,ロボットや経済システムの分野への応用を研究する応用システム研究部門からなっており,システムLSIの設計技術を多角的に研究しています.
システムLSI研究センター
発足:平成13年4月
目的:高度情報化社会の基盤技術としてのシステムLSI技術の総合研究。
学問体系の確立と社会のなかでのこの技術の利用方向の明確化。
21世紀の社会デザインに要素技術の側面から指針。
特徴:九州大学の研究院制度の下での初めての学内共同利用センター。
九州大学システムLSI研究センターの役割

九州大学システムLSI研究センターの組織構成

システムLSIとその課題
  • SoC(システムオンチップ)とも呼ばれる
  • システムLSIの特徴
    • 集積回路とソフトウェアが一体化
    • 製品の機能を全て搭載(部品でなく製品)
    • 市場開拓,企画,設計,製造の一貫性が必要
    • 多様な応用分野の技術の集積
    部品設計からの脱却
    次世代電子情報産業の鍵となる技術
    情報化社会の構築の基本技術
  • 新しいシステムLSI設計技術
    • 社会的ニーズの把握
    • 従来の設計技術体系の革新
      • 情報技術と集積回路技術の融合
      • 各種社会への応用分野とのとの関係
      • 総合的な知識と専門技術の融合
    • 研究者や設計者の養成
    • 産業戦略の確立と熾烈な国際競争
    大学における総合的研究および教育の要求

システムLSIの応用

基盤情報技術としてのシステムLSI
  • 社会の情報化と社会システムの革新
    • 経済システム:電子マネー,電子商取引
    • 政治行政システム:個人認証,電子投票
    • 社会基盤:建物/交通/都市の情報化,エネルギ制御,環境制御
    • 市民生活:在宅勤務,電子化された組織
    • 医療システム
    • 社会の安全性,信頼性,安定性
    • 環境問題,エネルギー問題
    • 生産性向上,効率化
  • 基幹産業としてのシステムLSI
    • 基盤情報技術の基本構成要素
    • 集積回路技術+情報技術+社会システム
    • 次世代の基幹産業(鉄鋼業や自動車を上回る産業)
    • 社会の安定に直接影響
    →システムLSI設計技術の確率の必要性
    激しい国際競争と独自技術の確立が必要