全学共通ICカードプロジェクト



プロジェクトの位置づけ
全学共通ICカードとその利用について

九州大学全学共通ICカード導入推進室

1.背景
 国立大学法人九州大学では,平成17年秋に開校予定の新キャンパス (福岡市西区元岡地区http://www.suisin.kyushu-u.ac.jp/)を 中心に次世代の情報社会基盤技術の研究開発と先導的導入によるキャンパスの情報化事業を推進しています. 今後,新キャンパスを舞台として,大学内の諸業務の電子化・情報化の推進,および種々の先進的情報社会基盤システムの実用化および 導入試行実験を行うための基盤を整備することを目的としています.独立法人化に伴う諸業務の効率化やサービスの高度化を進めるとともに, 先進的技術開発から人間科学や社会科学の観点も含めた総合的な研究・教育環境としてのキャンパスを構築するための計画です. 将来の情報化社会の新しい方向性を提案し発信することで,総合大学としての社会的責任を果たすための構想でもあります.

2.全学共通ICカード
 具体的には,情報社会の基礎となる個人の認証基盤として,学生証や職員証に多目的ICカードを導入します. このICカードを中心に,教務サービス,設備・施設の利用,防犯および安全管理,事務の情報化,入構管理, 学生や職員に対する商用サービスなどの幅広い応用分野に共通的に利用できる個人の相互認証システムを構築します. 新しい認証システムは,社会や組織全体の情報管理の安全性の維持と個人のプライバシーの保護を両立する九州大学発の技術 であるPID (Personal ID)システム(システムLSI研究センターで開発. http://www.slrc.kyushu-u.ac.jp/index-j.htmlと参考資料を参照) を基本とし,実用的でかつ信頼できる認証基盤を構築します.また,携帯電話などの携帯情報機器に組み込むICカード機能との連携や, 周辺地域の活性化のための地域カードへの発展も計画しています.
 平成18年度4月からの全学的利用開始を目標に,建物の入館,図書館サービス,情報基盤センターの計算機利用サービス, 学生の証明書自動発行などの提供を計画しています.特に,平成17年秋の新キャンパス開校に向けて,新キャンパスの建物の入館管理については, 17年夏の部分的稼働開始を目指しています.

3.全学共通ICカードを用いたサービスの構築
 全学共通ICカードプロジェクトでは,下記のような項目を開発します.学内外の部局や業者が提供する個々のサービス業務は, 基本機能で用意されたインタフェースに接続することにより,学生や職員が持つICカードを用いた認証(PID照合)を利用することができます.
1)PIDシステムが搭載できるICカード仕様とデバイスの開発
2)PIDおよびICカードの発行システムの開発
3)ICカードと各サービス業務用システムの基本インタフェースの開発
4)ICカードの管理運用体制と支援システムの開発
 各サービス業務ごとに,そのサービス対象となる学生や職員に対する個人サブID(サブPIDと呼ぶ:個人ごとに固有でかつそのサービスにのみ固有なもの) が与えられます.この個人サブPIDは,学生証や職員証のICカード内にも収められており,サービス側とカードが同じサブPIDを持っていることを確認する ことで相互認証を行ないます.共通のICカードでありながら,サービスごとに異なるサブPIDを使うので,一つのサービスにおいてIDが盗まれても 他のサービスには影響がないという性質があります.このため,各サービス業務ごとに必要なレベルのセキュリティ対策を施すだけで, 大学全体のセキュリティは確保されます.
 PIDを搭載した全学共通ICカードを利用することで,学内の各種サービス業務の電子化・情報化に共通する認証基盤が利用でき, サービスごとの重複した認証基盤への開発投資が不要となります.サービス業務を担当する部局や業者は,ICカードと各サービス業務用システムの 基本インタフェースに接続するだけで,この仕組みが利用できます.今後の学内のサービス業務の電子化・情報化にあたっては,全学共通ICカードを 利用されるよう,お願い申し上げます.

4.おわりに
 本開発は,新しい情報社会基盤の基礎となる技術開発からその応用分野の開拓まで幅広い開発項目を含んでおり,将来的には社会全般に利用される 標準技術へと展開することを目的とした新技術の開発プロジェクトでもあります.本年,2月に共同開発を行なうパートナー企業を公募し,NTT西日本, 松下電器産業株式会社, 株式会社キューデンインフォコム,株式会社クマヒラ,株式会社エイシーエスの5社とともに共同開発体制を組み, 研究開発を進めています.
 全学共通ICカードを利用して,教務サービス,図書館や計算機などの設備・施設の利用,防犯および安全管理,事務の情報化,自動車入構管理, 学生や職員に対する各種商用サービスなどの幅広い応用分野におけるサービスの向上と効率化が実現でき,21世紀の新しい社会のあり方を議論できる 新キャンパスが展開することを願っています.

プロジェクト説明
活動内容
関連論文リスト